機能性

作業服を新調する場合には、機能性について考慮することが大事です。特に、体温調節がしやすくて、働きやすい作業服ならば、肉体的な負担を軽くすることができます。ここでは、作業服の機能性について説明しています。

保温効果が高い作業服

保温効果が高い作業服は着用しているだけで体が暖かくなりますが、これは作業服の気密性が関係しています。体から放出された熱を外気に放出せず、衣服の内部に留めておくことで暖かくなるのです。気密性が高い生…

Read more

通気性が優れている作業服

綿100%の作業服は、内側と外側に温度差が生じると内側にある水分が外へ発散されますが、その時に熱が奪われるので涼しさを感じさせてくれるものです。温度というのは、集中力や注意力などに影響を与えてしま…

Read more

伸縮性のある素材の作業服

作業服はさまざまな種類の製品がありますが、その中でも伸縮性のある作業服というのは特に人気があります。見た目は通常の作業服でも、伸縮性のある素材が使われていますので、着用したときの肌触りにも優れてお…

Read more

デザイン

イメージに合う作業服のカラー

日々の生活をするためには食べ物が必要ですが、現代においては多くの食べ物が工場で加工されています。その加工を担っているのが食品加工会社であったり工場になるのでしょうが、そこで勤務してもらう従業員に着…

Read more

作業服のポケットの数

作業服を着て行う仕事は工具や筆記用具などを使う機会が多いので、服にポケットがあればそこへ一時的に収納することができます。ポケットが全く無い服に比べれば便利ですが、逆にポケットの数が多いほど良いとも…

Read more

ネーム入り作業服

作業服を新調する時は

新しい作業服を注文する場合には、デザインについて考慮することが大切です。スタッフのモチベーションが上がるような作業服を新調しましょう。特に、作業服にネームを入れると、紛失を予防できますから便利です。ほかのスタッフの作業服をうっかり身につけてしまう心配もありません。どこかへ置き忘れた場合でも、ネームがあれば届けてもらえます。また、自分のネームが入っていると、作業服に愛着を持つことができます。スタッフのやる気がアップしますので、ネーム入りの作業服を新調するケースは増えています。さらに、社名やシンボルマークなどを作業服に刺繍することも可能です。スタッフ同士の結束力が強くなるというメリットがあります。

見積もりの段階で要望を伝えよう

ネーム入り作業服を新調することが決まったなら、慎重に業者を選びましょう。通信販売を行っている業者もいますので、選択肢はとても多いです。まずは、各業者のサンプルなどを見比べて、情報収集を行うことがコツです。気に入った業者が見つかったら、早めに見積もりをお願いしましょう。見積もりは無料ですし、作業服のデザインに関する要望も受け付けていますから、頼りになります。作業服のネームにも対応していますので、何でも気軽に相談しましょう。特に、刺繍のカラーやサイズについて、きちんと要望を出すことがポイントです。さらに、ネームの料金について確認することも忘れないようにしましょう。中には、サービスで作業服にネームを入れている業者もあります。