イメージに合う作業服のカラー

食品工場なら白などを選ぶ

日々の生活をするためには食べ物が必要ですが、現代においては多くの食べ物が工場で加工されています。その加工を担っているのが食品加工会社であったり工場になるのでしょうが、そこで勤務してもらう従業員に着てもらう作業服としてどんな色がいいのか考えるかもしれません。食品加工において非常に重要になるのが衛生面で、加工した製品に異物などが混入したりするのを防ぐ必要があります。そこで作業服のカラーとしては白を基調としたものを選ぶようにしてみましょう。作業服に髪の毛などの異物が付いたとしても、白の作業服ならすぐに見つけられるのでそれが加工中の製品に混入するのを防げるでしょう。白いと少しの汚れでも目立つので、従業員もより丁寧な作業を心がけてくれます。

企業カラーに合わせる

それぞれの企業には企業名があり、さらに企業ロゴであったりイメージカラーを設定したりするときもあるでしょう。スーツを着ている従業員は社章などをつけてその会社の社員であると示せますが、現場や工場の作業員などは作業服で示さなければいけません。一般的な作業服といえばブルーやグレーなどが採用されやすいですが、企業イメージに合わせたカラーを選択するのもいいかもしれません。作業服には既製品に社名を名入れして注文するものもありますが、フルオーダーであったりセミオーダーなど名入れ以外のデザインやカラー変更もしてもらえます。企業カラーに合わせれば社員の士気を高めるのにも役立ちますし、複数社共同の現場で自社の作業員を探しやすいメリットもあります。