通気性が優れている作業服

通気性がいい作業服のおすすめは綿100%の商品

綿100%の作業服は、内側と外側に温度差が生じると内側にある水分が外へ発散されますが、その時に熱が奪われるので涼しさを感じさせてくれるものです。温度というのは、集中力や注意力などに影響を与えてしまい、暑いと作業効率が4割程度落ちることもあるといわれています。また、体温が下がりにくいときに起きる熱中症になりやすくなってしまうという問題もあるので、作業服の通気性のよさは結構大切なことです。通気性が悪い作業服から綿100%の商品に変更すると、作業効率が向上しかつ熱中症にもなりにくくなることが期待できます。綿は、繊維の中心部が空の状態になっているので熱が放出されにくく、冬は暖かさを保つことが可能です。そのため、夏は涼しく冬は暖かいので、通年通して着用することができます。

綿100%の作業服は通気性のよさ以外にも魅力がある

火を扱う工場は少なくないですが、そういった職場の場合では作業服が燃えてしまうというトラブルもあるかもしれません。綿は比較的燃えにくい素材なので、万が一の事態になっても大切な作業服を着用している人の命を守りやすくなります。肌さわりによさも綿の特徴で、アレルギー持ちの人が着る作業服の素材には向いているでしょう。アレルギー持ちの人は、作業服の素材によっては皮膚の異常が出ることがあり、そうなると痒みや違和感により、作業に集中できにくくなります。皮膚の異常を治すために皮膚科に行くとなると、診察代や薬代などがかかるという問題も出てくるでしょう。綿は水やアルカリに強いので、洗剤を使って普通に洗うことができるのも魅力です。お手入れしやすいので、洗濯のために多くの時間を確保する必要はありません。